本とgekijou

書評のようなものを中心としたblog

(日記)「鬼生田貞雄研究」すすむ

「鬼生田貞雄研究」を三枚すすめ、短篇小説を四枚すすめて、降雨(台風)のなかで婚約者のスプライト柄の傘をさしてコンビニエンスストアへ行き、買ってきたポートワインを飲む。すると大原富枝文学館より電話あり。こちらが所持している大原富枝の鬼生田貞…

(日記)十五枚書いた日の日記

きのうと同じく、「鬼生田貞雄研究」を書きつぐ。風邪症状はきのうよりも緩和をしており、コーヒーを摂る量も控える、――控えるというよりも、いつも、縁台で烟草をのみながらコーヒーを飲むのだったが、強風のためそれがすくなくなっただけか。「文藝時評大…

(日記)書くために書いたきょうの日記

昼前に起き(早寝をしたはずなのになぜかきょうは目覚めがおそかった)、Max Richterのトロトロに甘いOSTを聴きながらコーヒーを八杯も飲んだところで、九杯めを飲みながら、きのう冒頭部分まで書いていた「鬼生田貞雄研究」を書きついでゆく。せき・たん…

すべて批評家たちは酔っ払いである!?

毎度、酔っ払いです。 私事ですが、一日二十枚書く、を一週間だか続けて、やっと初稿を完成させたきょうですよ。そら、酔う、ってなもんだ。 ここが福島だからいいものの、銀座だってんなら大変だよ、とんかつ食って数寄屋橋のオーバカナル行って蕎麦食って…

(日記)おかえり、モンスナック

田部茂一の風合いをかろうじて感じられる デジタル化し過ぎていて、ちょいとひやっとするけれども、とにもかくにも、われわれは、紀伊國屋地下のモンスナックの復活を喜ぼうではないか。 モンスナックのカレー。 オレはな、あれ食って大きくなったんだぞ、と…

(日記)バイブスに就いて

私も四十なって、漱石のバイブスっていうのかしら、となりに漱石がいたらどんな感じか、というのが、わかるようになってきた。 誤解も理解、とかいうのではないんだな。 そうではない。 しっかりと、直観のなかに填まる断片というか、情景の、後ろ姿の、ひと…

(日記)いわゆる「旅と日本文学」について

きたかた食堂が旨い。 旨い、としいて書き出しに用いるような、ゴテゴテとした旨さじゃなくって、さりげなくなんだけれどもね。 ちなみに私は福島県人である。 新橋と神保町という私のテリトリーにあって、しかも、行列ができる性質のお店じゃないから、使い…

「文学なんてワンピース歌舞伎みたいなことにでもなっていればいいんじゃない」「新国立美術館の「遠距離現在 Universal / Remote」」

「文學界」の編集長の、若い女性の方なのだが――なんか今、みんなどこも、って調べたわけじゃないけれども、「若い女性」ばっかりだよね。画一性があっていいとおもうのだけれども、その、浅井茉莉子さんがインタビューを受けていて、見出しが「文芸誌が生き…

私、の、追悼――2024.3.22郡山PEAK ACTION「THA BLUE HERBライブ」

失明したとたんに何十万部もの蔵書をもつ国立図書館の館長になったボルヘスが、その時に一体なにをおもったのか、よそごととしてかんがえればそれはシンボリックで、有効なライトモチーフになったかもしれない。すくなくとも、短編小説のネタくらいにはなっ…

「震災で一儲けするバカども、ネットで追悼するバカども」「ネットって成長することと相性がわるい」「心的外傷後成長」

三月になるとイライラして、しかたがない。意識的にネットを遮断しないと、ダメだな。 そりゃ私のごときだって、震災の被災者や、ご遺族が、底知れぬおもいを抱えているのを知っているし、毎年、この時季ともなれば傷口がうずくようになるのかもしれない、と…

「小説家ったってしょせん芸人」「新井見枝香とか、クソほど最低」「本屋大賞とか、純然たる、ブラックリスト」

花園神社に詣でてきた。景気がいいネ。花園神社ってったら、芸人が多く参拝する神社だ。なんて話したら、私のかかっているカウンセラーの先生が、ちかくのガッコでスクールカウンセラーしてるんだってさ。 このひとが立派な、頭いいセンセイでね、っていうの…

「嗚呼、フィリップ・シーモア・ホフマン」「一番注目している俳優はね、ポール・ダノ」「デューンの続編、クッソ楽しみ」

冷血 (新潮文庫) 作者:トルーマン カポーティ 新潮社 Amazon カポーティ コレクターズ・エディション [DVD] フィリップ・シーモア・ホフマン Amazon すいません、きょうも酔っ払いのダラダラとした話です(小説を書くのにいそがしい)。 フィリップ・シーモ…

「福島で小説を書くことって可能なのだろうか」

田舎ぐらしってのは退屈だ。無責任なものでね、連れと一軒家を借りて、同居をしたあとに、そんな文学者らしい野放図な、残酷なことを、おもいつくようにできていて、できているんだから、しかたがない。そうでなければ甲斐性もないと、こちとら、おもってし…

「よく選挙とかみんな行けるよなっておもうぜ」「どこの国家もネジが飛んでる国ばっかりだ」「気持ち悪いよな、「多様性」って」

最近、引っ越しをして、そのさいにイタリア製のパイプをなくしてしまった。ちょっとしたものがその代償のようになくなっていったりするから、引っ越しっていうのは困る。まだモンスナックがあったころの、紀伊國屋のちょっとあやしげなあそこの煙草屋で買っ…

「時間性と心中するしかないのが、人文知」「ノンフィクションの書き言葉って、水物のナルシシズムと結託しちゃうんだよ」

「X」(ダッセェ名前だ)のタイムラインに流れてきた猪瀬直樹の古い本の書影をみて、AIだかなんだか、やっている人が、猪瀬直樹を推薦するのかいな、ここらへん、IQが落ちすぎだろう、とおもっていてしまう。 いや、落合陽一さんのことなんだけれど、パ…

「小説を書いている人っていうのは、怖くない」「今書いているものが、かつてなく出来がいい」

手前も散文を書いておいてなんだけれども、小説を書いている人っていうのは、怖くないから、困る。 読書いっぱいしている人も原則的に怖くない、のは物書きなのだからあたりまえなのかもしんない。 基本的に、駄目な人たちだと感じていてしまうのね。 自分で…

「浅草辺の、ボロアパートが舞台でね……」「東北なぁ……」「多様性とかさ、性自認とかさ、ほんとうに薄っすい言葉が……」

新宿で三本たてつづけに映画を観てどれも良かったという話。 「コット はじまりの夏」はいかにもアイルランド、という「毒親」がつくりだす行き場のなさ、どうしようもなさを効果的に作り出しているのだけれども、撮影がいいんだとおもう、三十五ミリのスタ…

一月のひとりごと

「新潮」の浅田彰インタビューに心躍らせる 新潮 2024年02月号 新潮社 Amazon 新しい年(ねん)がはじまって、殊勝に文芸誌などを開いてみると、浅田彰がインタビューを受けていて、さすが新潮は新潮だな、とおもうものがあるのだった。ニューアカといえば、…

ツジコノリコ(Tujiko Noriko)東京公演(渋谷WWW)――カミュの手帖を添えて

それは夢の島であるのよりは真夜中にグロテスクな光の祝宴をもよおす、一種の工場に似ていた。MDの時代にはもう、そしてネット時代になって、浜辺の砂金をかぞえるのよりも途方もない量で殺到する、IDMの音楽たちの話である。たしかに私には、それらの…

「火山の下」書評

この本は読めないといってある現代の歌人の本を投げ出すのはあたりまえにしても、大江健三郎やマルケスが称讃したというラテンアメリカ文学を読めないといって投げ出すのもまだよしとしても、本が読めなくなっているのではないのか、という恐懼にともかく、…

BOOKOFF初売りセール収穫おぼえがき

ブックオフの特殊型の店舗が潰れてしまった。都内にみっつくらいあったのである、江古田と、高田馬場と、あともうひとつは何処だったか……。あれは学生街をねらって設えてあったのですね。壁いちめんが神保町のワゴン並みのクオリティになっていて、裸本に帯…

PTG的な言葉――早川良一郎「散歩が仕事」読了メモ

太宰とか、安吾とか、自意識まわりの小説はとうに流行らない時代になっている。それは、SNSというゴミ箱に放り込まれた、自意識まわりの言葉、ジャンク品としての言葉をだれもがこんにち、見馴れているというのも大きいだろう。近松秋江くらいの芸になら…

小説の終わり(一)芥川龍之介の死における小説の終わり

久米正雄や菊池寛といった身のまわりの友人たちが、ここでは十全に揶揄をされ、実際の追悼文のなかでも彼らは「河童」が戦線を引いた領域のなかにとどまる。稀代のディレッタントとしての芥川龍之介の射程はそこにまで透徹をして届いていた、「河童」を読む…

二十一世紀と小説の終わり(断片、草稿)

十九世紀に興隆をした「小説」は多くの天才たちを世界各地に同時発生的といえる規模で輩出してまもなく(ブロンテ、ディケンズ、バルザック、スタンダール、おくれてドストエフスキー、……)、同世紀のうちにボードレール、ホーフマンスタール、ヴァレリーな…

本をだきしめて(八 最終回)

もちろん私たちはいつまでもそのように混乱をきたしているわけにはいかない。混乱、という言い方を換えれば、青年期の熱量。読書の世界において、みずからの詩情を優しく守ってゆくことは仮にそこにできたとしても、その熱量までをも維持していくことは、ひ…

本をだきしめて(七)

では意識的な選択として、一体私たちはどのような人間であることを、選んでゆくのであっただろうか――私たちは誤ったのだ。根本的な過ちを経た。青年期において、雑多な書物を読んできた私たちは、その選択肢の幅を大幅に拡大してしまう、という過ちを犯した…

本をだきしめて(六)

閑話休題。前々回のつづきとして、書き継いでいくことにするのである。「読書行為」というのは、読書によってみずからを迷宮へといざなっていく行為と相似ており、それは私の陳腐な言い方にならっていえば「地獄」に似た様相を、帯びることもある、という話…

本をだきしめて(五)

けだし、若年期の期間における読書とは、自己の感性の探究、模索にならざるをえない。好き嫌いというのを超えた地点から、みずからのそれでも譲ることのできない文飾とはなにか、共感をよせてやむことのない詩情とはいかなものであったのか、をたえず書物の…

本をだきしめて(四)

資本論はおいておくとして、こうした私の態度はすでにして、当時としては「保守」寄りの態度とみなされるそれであったということは、附言をしておきたく思う。インターテクスチュアリティはナショナリズムと親和性が高い、……というような議論のレベルでもな…

本をだきしめて(三)

そしてその道とは気ちがいの母親からの、逃避行として用意された道でもあっただろう。どうあれ読書行為とは逃避なのでありもしようが、私の場合には、様相を異にしていたのではなかったか。――ともかく、みずからのことを特権化するのは止すとしよう。私が初…