本とgekijou

書評のようなものを中心としたblog

(犬の日記)七月五日

 朝、七時におきて制作が進む小説を十枚書き終えたのが昼すぎ。それから鬼生田貞雄「黒い羊」の書籍化用デジタルデータ化の二章部分を終わらせて、四章部分に取りかかりはじめる。おもにレコードからはHIPHOPを流して聴き、食事は炊飯器に残っていたきのうのかやくご飯、スーパーから買ってきたカップ麺などで済ませる。データ化の作業は非常に単調な作業であり、きづけば姿勢が一定の姿勢に硬直しているため、身体へのダメージが大きく、集中力も続かない。二稿の状態で束ねて置かれてある自作の原稿に朱筆を入れるなどしてすごし、制作中の原稿も印字をして通読をする。とにかく、仕事量が多く、ひとりでこれだけのことをやっていることに途方にくれてしまう。